コンドロイチンとどっちが良い?

MENU

コンドロイチンとどっちが良い?

まずコンドロイチンとは、一体なんでしょうか。これはたんぱく質と結合した状態のもので、身体の中に入るとコラーゲンと一緒に皮膚や軟骨、骨などの組織を構成します。

 

一方プラセンタは、コラーゲンの生成を行う細胞(線維芽細胞)を活性化させるという働きがあります。

 

どちらか、だけではない相乗効果

 

指差し

 

コラーゲンについてもそうですが、コンドロイチンのみの場合、もちろん身体や特に軟骨を良い状態にしてくれる作用がありますが、やはり肌だけではないため、効果はどうしても分散されていってしまいます。

 

コラーゲンの量をきちんと正しく増やしてあげることも、大切になります。

 

どちらかだけ、というものではありませんが、コンドロイチンの効果を期待したいということであれば、逆にプラセンタを一緒にとってあげるというのも一つの選択肢になります。