コラーゲンと、どっちが良い?

MENU

コラーゲンと、どっちが良い?

女性の美肌や生活の質向上のためには、様々な栄養素があります。

 

どっち?

その中の代表格といえばコラーゲン。その他に、コンドロイチン、プラセンタなど肌の水分を意地したり張りを出すために必要だとわかっていてもどれが良いのかはなかなか解りにくいと思います。

 

 

 

 

プラセンタはコラーゲンを作る手助け

 

お肌はもともとコラーゲンを作る働きがあります。

 

作るのは細胞で、プラセンタはこの細胞を活性化させるという働きがあります。この細胞、線維芽細胞というものですが、25才を過ぎると数が減ったりしていくと言われていますので、一つ一つの細胞を元気にしてあげることで、肌自体が元気になって行く、というわけです。

 

実際コラーゲンだけだと意味がないか、というと必ずしもそうではないと思いますが、良く言われる様に、コラーゲンは顔や肌にだけ使われる訳ではなく、全身の至るところに栄養として運ばれて行きます。

 

全身の状態が良くなる事は勿論肌にもプラスですが、そこに更にプラセンタを足してあげる事で、お肌の調子が整って行くんですよ。