感染症のリスク

MENU

感染症のリスク

プラセンタはの原料は馬や豚といった動物、またクリニックで医療行為として行われる場合には、ヒトのプラセンタが使われています。

 

そのため、ヤコブ病(ヒト型狂牛病)やC型肝炎などの、感染症の心配があるのではないかという声がある様です。
ここ数年起きている今日中病や鳥インフルエンザといった新しいタイプの感染病が広まって来ているため、不安になりやすいのかもしれませんね。

 

たしかにその可能性は0ではありません。むしろ100%安心なものというものはまずありません。
ここで覚えておきたいのは、現在までにプラセンタが原因で感染症になった例が無い、ということです。
これは日本だけではなく、海外をふくめ報告されています。だから安心というより、こうした事実をきちんと知っておく事が大切です。
動物が原料となるプラセンタは、植物由来とは逆の生物由来製剤という分類になります。そしてこの生物由来の場合は、プラセンタを抽出して加工する段階で様々な検査を受けます。
特に注射の様に直接体内に取り入れるものは、そのチェックも厳しく異常が見つかったとしても、きれいに取り除かれます。

 

プラセンタ注射の際には同意書を書く必要がありますが、100%の安全ではないという意味を良く理解していること、そして献血などを行わないことを同意してもらう為のものだと思って下さい。もし心配な場合はクリニックでしっかり説明を受けましょう。

 

様々なサプリメントがあり、その値段や成分も様々です。
気になるのはどのくらいの期間飲み続けるのか、また一ヶ月あたりの費用がどのくらいなのか、ということです。
基本的には飲み続けることで効果を発揮するのが、サプリメントです。肌荒れが気になるから、といってその日にだけ飲んでも急に肌が潤ったりくすみが消えたりするということはありません。

 

費用についても、女性の場合はサプリメントとして、というよりもスキンケア代の一部として考えるという方も多いようです。
内側からのケアをしておけば、その分手間もコスメも少なくすむというのは、5年前や10年前を思い出して見ると解るでしょう。
期間としては個人差がありますが、半年くらいが一つの目安に鳴るのではないでしょうか。
とはいっても、最初から半年分を買うのではなく、その期間の見続けてみようと思うだけで良いと思います。サプリメントは相性もありますし、いつでも違う商品に返ることができます。

 

そうして数ヶ月飲んでみて、そのあとで未だ続けるのかどうかを考えてみましょう。
個人的にはそれまで飲んで来たものを突然止めるということはお勧め出来ませんが、少し量を減らして続けるなどの方法をとる事で、お財布にも優しい状態で続けられるのではないでしょうか。

 

ok

値段についてもあまり安すぎるよりも、この位ならば出しても良いと思えるものを選んでみてください。
成分量などが表示してある商品もありますので、参考にしてみるのも良いと思います。